2001年 06月 K邸

外観 屋根は三州産いぶし瓦

玄関 天井は古材と調和する黒味の杉板

脇室 取次の機能を持つ

居間

ダイニングコーナーを見る

居間天井見上げ

広縁(ケヤキ板)当初材をアク洗い後自然塗装

前座敷8畳

前座敷8畳2 天井板は12尺通し材

前座敷8畳 欄間;アク洗い後自然塗装

トイレドア外観

トイレ カウンター天板(ケヤキ)は施主所有の古材を使用

解体工事 建具取り外し、畳上げ終了

解体工事 工程中、施主が最も不安を覚える時期
>>私たちの仕事紹介「古民家再生」に戻る