最近、木造住宅の良さが見直されていますが、耐震性などの構造面については筋交いや様々な金物類などの二次的な「補強」の部分のみがクローズアップされ過ぎており、住宅の骨組みを作る肝心の「木」自体、「木の組み方」にはあまり言及されることがないのは残念なことです。

「年輪の積んだ木を使い、不自然で強制的な乾燥を避け、土台・柱・梁等の部材を組んで形作られる骨組みのトータルバランスに留意し、その骨組みにふさわしい接合部を手刻みする。
その上で過去の災害や実物大実験によって実証された木組みの弱点については金物を補助的に使用して補う。」


私たち上林製材所はこのような考え方に基づき、木構造を本来の姿に近づけ、さらに長所を伸ばしていくことが住み手にとっても最良のことと信じて研鑽を続けていく覚悟でおります。


※プレカットについては私たちはその技術がまだ伝統的な接合部の合理性をくみ取り切れていないと判断しています。また、たとえ技術的にはプレカット可能であってもコスト低減への要求が強いため、部材に合わせた細かい設定などのようなコストアップにつながる作業は行われない傾向にあるとも言えるでしょう。






※「手刻み」とプレカットの違いについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。